2015年11月22日

避けたい風評被害!トラブルを予防するための対策とは何か

風評被害とは何かを考える

風評被害とは自分自身や自分の所属する団体に非がないにも関わらず、噂や間違った情報で他者から叩かれる被害の事です。これが企業であれば商品の購入をボイコットされたりクレームが殺到するなど物理的ダメージを受ける事もありますので、できるだけ避けたいトラブルです。インターネットが大衆の身近に存在している時代では、ネットの情報から風評被害が生まれるトラブルが多発しています。こうした事件が起きた場合、まず自社のサイトで情報の真偽を明確にするようにしましょう。

強硬な対策を考える事も大切

インターネット上で発生する風評被害の中には、誤った情報を元に企業イメージが悪化させられてしまうトラブルが存在しています。企業に所属する特定の社員が犯罪を犯したと言う情報や、企業から顧客が不当な扱いを受けたと言う話が実しやかに拡散されてしまうのです。こうした問題を防ぎたい場合、まずは日常的にきちんとした社員教育を行いましょう。お客様を瑣末な事で不快にさせないよう配慮が欠かせません。また最悪のケースでは早期に法的措置に踏み出しましょう。誤った情報を拡散している人物が企業に悪意を持っている可能性もありますので、法的措置を検討していると告知しなければ問題は収まりません。

考えたい風評被害初期の行動

風評被害を生み出さないようにするためには、被害に発展する問題に触れないようにする事も大切です。企業が特定の政治思想などをオープンにした場合、そこから風評被害が生まれるケースも存在しているのです。火のない所に煙は立たないと言う言葉がありますから、多くの人達が敵意を感じるような問題には触れないようにする事が賢明です。また風評被害を初期段階で収めるために、企業が公式アカウントを作ってSNSで積極的に言葉を発信するのも良いでしょう。そこを使って噂話などを即座に否定できます。

最近は、ありもしないことで個人や企業を攻撃して、利益をあげようとする人が多いので、困っている人は誹謗中傷対策をする必要があります。自分で考えても良いのですが、信頼できる機関に相談する事も考えられます。