2015年11月22日

パソコンが壊れてしまったら!?データ復旧は可能なのか?

パソコンが壊れても復旧できる可能性はある

現代はパソコンの所有が一人一台の時代です。仕事や日常生活において、皆さんもよく使っていると思います。そのため、仕事のデータや個人情報など、様々な情報をパソコン内に保存していることでしょう。そこで、もしパソコンが壊れてしまったら、重要なデータが見られなくなり困ってしまいますよね。そういった時には、もうデータを見ることはできないのでしょうか。場合によってはその可能性も否定できませんが、記録媒体が生きていれば取り出すことが可能です。

データの復元サービスの活用

例えば、パソコンが壊れたと言っても、ハードディスクは無事である場合があります。そのような状況であれば、データ復元は比較的容易です。そのハードディスクを別のパソコンにつなげることで、データを読み込むことが可能だからです。ただし、厄介なのが、ハードディスクに物理的な故障が生じた場合です。この場合も、ディスク部分を取り出し、別の読み込み装置に移植することで読み取ることができる場合もありますが、素人には困難です。したがって、そのような場合にはデータ復元サービスを活用しましょう。

データのバックアップはとっておこう

このように、パソコンが壊れた場合でもデータを復元できる場合があります。しかし、必ず取り出せるわけではありませんし、業者に依頼する場合などは時間がかかります。そして、その間にはデータを見ることができません。データが仕事上重要なものであれば、業務に支障をきたしてしまうでしょう。そのため、そういった事態になっても大丈夫なように、データのバックアップはとっておくべきです。つい壊れた時のことを軽視しがちですが、後悔は先に立ちません。後で慌てないように、しっかりと対策を練っておきましょう。

パソコンの修理は専門の修理業者に出してみましょう。格安で元通りに修理してくれるのであまり費用をかけずに直せます。