2015年11月22日

意識しておきたい!?今風のウェブ制作とは

テンプレートはダウンロードはする時代

ウェブ制作において背景となる部分をテンプレートと呼ぶ場合があります。テンプレートはウェブページのデザインの要といえますが、従来ではこれをイチから作成するといったユーザーが多かったですね。しかし昨今ではテンプレートを制作し、それを配布しているユーザー、またはサービスが増えたのでイチから作成する必要はなくなりました。そういったこともあってダウンロードをして配置するだけで、デザイン性のあるウェブページを作ることができます。

ウェブページの編集作業

ウェブ制作というのはウェブページを編集する作業でもあります。デザインを少し変えるといった際には、HTMLの知識があると便利なことが多いですね。HTMLでの編集は幅や高さの調整であったり、カラーの変更時に役立つ他、画像や動画の挿入にも必要な場合があります。また広告を挿入したい時であったり、表示自体を変更するといった時にもHTMLの知識が役立つことは少なく無いですね。編集後は必ず保存しておきましょう。

ウェブ制作系のサービスとは

個人、企業問わずウェブ制作に関するサービスを利用するといった事が増えてきました。これは単純に制作がしやすいのもありますが、サーバーを借りられるので実質データを所有するコンピューターへ保存する必要性がなくなるというメリットも有ります。仮に制作する際に使っていたコンピューターが使えないといった自体に陥ったとしても、サーバーにあれば特に問題はないでしょう。少なくともデータは無事ですし、編集作業も行う事ができます。

コーディングはプログラムを作成する仕事であります。依頼者の要望通りにプログラムを作っていく作業であります。