2015年8月25日

賃貸はどうやって選ぶ?失敗しないためのポイント!

色々な条件の物件がある!譲れないポイントは?

まず物件選びをする時には、自分が譲れないと思う条件を、いくつかピックアップしておく事が大事ですね。これをしておけば、それに沿って物件選びが出来ますし、とても効率が良くなるんです。ただ闇雲に探すだけだと、物件数が膨大なため、何が良いのが分からなくなってしまいますよ。家賃が安い方通いのか、防犯面が優れている方が良いのか、周辺環境に拘るのか人によって変わると思いますが、いくつか譲れないポイントを決めておきましょう。

ネットには膨大な物件情報が溢れている!

物件選びというと、不動産屋さんを回りたくなる所ですが、まずはネットを活用して探し始めましょう。ネットには数多くの賃貸物件情報が掲載されていて、家にいながらいつでも探せるというのが便利なんですよね。ただでさえ物件選びには時間がかかるので、いきなり不動産屋さんを回ろうとしたら、いくら時間があっても足りないんです。まずはネットで自分が良いと思う物件をいくつかピックアップし、それから実際に不動産屋さんを巡れば、余計な時間をかけなくて済みます。

やっぱり下見が重要!契約前は必ずしよう

実際住み始めてから、思っていた部屋と違ったなんて失敗が良くあります。こうならないためにも、契約前に下見をしておく事は重要です。書面や写真、担当者の話をどんなに聞いたとしても、実際自分の目で見てみると印象と違う箇所がいくつも出てきます。なので、いくつか良い物件が見つかったら、それをすべて下見し、比較しながら一軒に絞り込むと良いです。見る時のポイントですが、部屋の中をしっかりと見るのはもちろんですが、周辺環境も見ておくと良いですね。騒音はどのくらいあるのか、周りにはどういった家族が住んでいるかなどを見ておくと、住み始めてからのトラブルも少なくなりますよ。

賃貸管理システムは賃貸料の収支を計算するだけでなく、空き部屋の管理や入金確認までできる便利なソフトです。